--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-27(Sat)

チャータースクールに息子さんを通わせている、Bさんのお話

sa


前回は、GTの学校に1ヶ月だけ息子さんを通わせていたAさんのお話でしたが、お二人目のBさんは、息子さんをキンダーからずっとチャータースクールに通わせています。

チャータースクールというのは、簡単に言うと、公立として授業料は無料、でもカリキュラムは民間に完全委託の半官半民の学校。

ハーレムやブロンクスを始め、あまり治安のよくない(つまり、教育レベルもよくない)場所に、たくさん設立されています。
その中には、オバマ大統領がモデル校として全米に広めようとしているチャータースクールもハーレムにあります。



Bさんの息子くんは2007年の秋生まれ。

1)当時住んでいた場所はどこですか? 今と同じ場所ですか?

同じハーレムですが、当時は少し下の方、125丁目近くに住んでいました。

2)GTテストを受けさせようと思いましたか? Yes/No その理由を教えて。

受けさせたかったのですが、テストがある時期に、長く日本に帰っていたので、受けさせることが、できませんでした。

3)そのための準備はしませいたか?

なし。

4)チャータースクールを受けさせようとした決め手は何ですか?

waiting for supermanというアメリカの学校システムについてのショッキングなドキュメンタリー映画を見てから、私達の住んでいる地域の公立校が、最悪ということを知り、それを改善しようとしている、チャータースクールに興味を持つ様になりました。

息子が2歳のころ、Harlem Children Zoneというグループに入り(そこにHarlem promise Academyというチャータースクールがリンクされていた)その当時土曜日に両親学校みたいのに、通い先生達の熱心さに好感をもちました。

息子が、そこに入れると決まった時は、ありがたいと思いました。

同じ時期、今いる方に引っ越してきて、違った系列のチャータースクールが家から2ブロックにある事を知り、ロータリーに応募してみました。そして、見事に当たり息子はそこに、通うことに。

5)学校が決まった時の心境を教えてください。

『いぇーい、近くて楽ちん!合わなかったら、その時はその時で考えるとして、成績もいい学校だし、とりあえずいいじゃん。』

6)実際に学校に通わせて、親はどう思いましたか?

『なんて、勉強に熱心な学校なんだろう。もっと遊ばせればいいのに。』と思った。

7)実際に学校に通わせて、息子さんはどう思いましたか?

キンダーの頃は、突然覚えることが多すぎて親子両方大変でしたが、だんだんと実力が身に付き、いい先生にも恵まれ、今本人は伸び伸び生き生き毎日通っています。

8)チャータースクールじゃない学校に編入させようと考えましたか? Yes/Noの理由を教えてください。

Yes。
あまりにもアカデミック重視なので、もっとクリエイティブな事をやる学校の方がいいなあと、親としては思った時期があった。

9)中学校、高校とそのまま通わせますか? Yes/No その理由を教えてください。

私達がずーっとニューヨークにいるかも分からないし、先のことは分かりませんが、今のまま、彼がハッピーで先生達に可愛がられ続けるのであれば、そのままでもいいと思っています。

10)他のお母さんたちに、チャータースクールを勧めますか? Yes/No その理由を教えて。

Yes and No. 
チャータースクールも色々あり、その学校によりかなり方針がちがうそうですが、息子が通っているところはアカデミックでスコア重視、テストも多いので、その子によってかなり向き不向きがあると思います。

なので、その子に合ってさえいれば、とても使える学校だと思います。特に良いことは、先生達が若くとてもやる気があるのでなので、いつも活気づいています。

外では、スコア重視など批判的に言われがちですが、ちゃんと、頻繁にフィールドトリップもあるし、スポーツ、アート、音楽もあります。選ばれた、目をかけられた生徒には、チェスクラブ、サッカー部など、アフタースクールも充実していて、かなり本気で、ただでやってくれるので、ベネフィットになっていると思います。

ありがとうございました。



わたしもチャータースクールに関しては「スコア重視」という話ばかりを聞いたりして、なんだか軍隊っぽいな、と思っていました。
でもBさんの、実際に通わせている人の話は聞こえてこない部分もたくさんわかってよかったと思います。

チャータースクールに通わせている親たちの多くは、どちらかというと経済的に恵まれていない人たちだと思います。

公立学校でも、朝食は無料で提供されていますが、チャータースクールしかり。
それが彼らにとってどれだけの「助け」になっているかは、想像がつきます。

ただBさんもおっしゃっていたように、どこの学校に通わせるにしても、その子供に合うということが大切、ということですね。

面白いことに、Bさんが通われていたHCZの土曜日学校、実はAさんも通われていたそうなんです。時期は違ったようなんですが。

こうやってハーレムでは、地域をあげて教育の向上を目指している組織があるみたいですね。

さて、こちらがBさんが観た「Waiting for "Superman"」の予告編です。



次回はマンハッタンにある、ギフテッドのクラスがある学校に通わせているCさんのお話です。






♪♪『虹いろ倶楽部』では、参加メンバーを常に募集しています♪♪
これからアメリカに、ニューヨークに来られる方、お母さん友だちをお捜しの方、どんな些細な事でも構いません。
一人で悩んでいないで、あなたの「悩み」をメンバー同士でシェアしましょう。

興味のある方はこちらまでメールをお送り下さい。
お待ちしております!




ブログランキングに参加しています。
クリック、お願いいたしますね。
にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

tag : GTプログラム チャータースクール アメリカ 教育

2014-12-17(Wed)

ゲームと男の子



Minecraftやアプリゲーム、暇あったら、「やってもいい?」と、わくわく嬉しそう、
そういう時間の使い方を覚えていく6歳児の息子です。

いつかの会話で、わたしが「うちの子はゲーマーだ」なんて言った事を、どこかで本人が聞いていたんだろうね……。

久しぶりに、積木をつかって、いいもの造って遊んでいた時に、
ニコニコと得意気に「ママー!どう?これでも、僕の事、ゲーマーだって言うのかい?」
だって。
ちょっとした嫌味な言葉、しっかり届いてるんだ~とドキッとしました。(苦笑)

みなさんは、「ゲーム」に対しては、どうしてるのかなあ~?

親が与えてるんだから、子供を否定するな。。。
とか、
やりたいだけ、やらせたら、いい。。

もしくは、
出来るだけやらないように、こういう遊び方で工夫している。
とか?
アイディアがあったら、教えて欲しいな~。

いろいんな親の考え方が、あると思います。買い与えるのは結局は親ですし。

子供が興味を持つObjectへの親のこだわりより、子供の好きを尊重した上で、その子のAttitude、または、Practicalにどう変化して行くのかを見守ってあげた方が、効果的? 良いのかな~って最近思ったんですよねえ。

ゲームうまいね、おもしろいねって、認めてあげた時の、息子の素直な事、素直な事!(苦笑)。





♪♪『虹いろ倶楽部』では、参加メンバーを常に募集しています♪♪
これからアメリカに、ニューヨークに来られる方、お母さん友だちをお捜しの方、どんな些細な事でも構いません。
一人で悩んでいないで、あなたの「悩み」をメンバー同士でシェアしましょう。

興味のある方はこちらまでメールをお送り下さい。
お待ちしております!




ブログランキングに参加しています。
クリック、お願いいたしますね。
にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

tag : ゲーム maincraft

2014-12-06(Sat)

マンハッタンにあるGTの学校(キンダー)に1ヶ月だけ通わせていた、Aさんのお話

front


さて、前回虹色限定メンバーに取らせていただいたアンケートのお返事です。



まずはお一人目、Aさんの場合:

息子くんは2006年の夏生まれ。2014年現在、3年生。
キンダーの時に、マンハッタンに3つあるGTプログラムの学校のうちの一つへ入学するも、合わずに1ヶ月で近所の他の公立学校へ転校。
今も転校した学校に楽しく通っています。

1)住んでいる場所

ハーレム。125丁目近くのど真ん中。

2)どうしてGTのテストを受けさせたのですか?

ハーレムにある幼稚園、中高一貫の学校でボランティアをした経験上、ご近所の普通の学校では、日本で考える「普通」の授業が受けられないことがはっきりわかっていたので。

ハーレムの中で比較的ましだ(毎年必ず1人はハーバード大学へ生徒を入れている)と言われている学校でも、先生が生徒に「座って」というだけで授業が終わったことも多々あったし、生徒が授業に遅れるのは当たり前だし、テストの時も静かに受けられないし、トイレはとにかく汚い。とにかく「静かにする」ことができていない。

それと同時に、一度GTプログラムの高校へボランティアに行ったことがあるけれど、生徒はちゃんと座って先生の話を聞いているし、トイレもきれいだし、いわゆる日本で考える「普通」な学校だった。

その経験から、とにかく息子には何が何でもGTの学校へ入れたいと思っていました。

3)そのための準備をしましたか?

特別にプレップはしなかったけれど、一度だけ、テストを受ける1ヶ月ほど前に、実際使われた過去問をサイトからダウンロードしてやらせました。でも普段の生活から、数字や形などは教えていました。

あ、一応本なんかも買ってみました。どうやってGTプログラムに受からせるか、というような内容。でも、ほとんど自分がやってきたことと同じでした。

4)もしGTの学校に受かっていなかったら、どうしていましたか?

考えたくないです。本当に。受からないなんて……どうしていたんでしょうか? もう一つ受かった学校に行かせていたと思います(そこの学校に今通っているけれど、ここも受かっていなかったら、本当、どうなっていたんだろう……)。

この当時は半分ノイローゼだったと言ってもいいと思うほど、精神状態が追い込まれていました。
ここでGTの学校に行けなかったら、うちの息子の将来は無い! とまで思っていました(本当はそうではないんですけれどね。子供の生命力をもっと信じましょう)。

5)学校が決まった時の心境を教えてください。

テストスコアが良かったので、その時は「YES!」と小さくガッツポーズを取りました。でも学校は一番行かせたくなかったところだったので、行かせるべきか本当に悩みました。
ただ、行きたくても行けない人、GTの学校がどういったことをやるのか興味があったので、入れました。

6)実際に学校に通わせて、親はどう思いましたか?

幼稚園が小さい学校(一クラス12人だった)だったので、いきなりマンモス校に通わせたのはよくなかったし、親も子供も直感的に「ここじゃない」というのがあったので、行かせたのは失敗だったと思っています。

7)実際に学校に通わせて、子供はどう思いましたか?

毎日泣いて泣いて、大変でした。
楽しいことなんて何もない、と毎日言っていました。
ここまで身体全身で拒否反応を起こすものなのか、ということがわかった体験でした。

8)学校に通わせて良かったと思ったこと。

残念ながら、息子にとって、何一つとしていい体験はありません。

9)学校に通わせて、良くなかったかな~と思ったこと。

3年経った今でも、どういったトラウマが息子の中にあるのかが、わからないということ。
毎日宿題の嵐で、そのおかげか「机に座って、勉強をする」という行為が大っ嫌いになってしまったこと。
家でワークブックや宿題をやらせるのが一苦労です。

10)どうして学校を辞めたのですか。

息子に合わなかったから。何もかもが、合いませんででした。
具体的に言うと、制服しかり、学校の方針(スコア重視)、まだ5歳児なのに音楽、アート、体育の時間がほとんどなかったこと(でも、それが公立の学校では普通のようですね)。

12)他のお母さんたちに、GTテストを勧めますか? 
Yes/No その理由を教えて。


どちらでもない(笑)です。
受けさせてもいいと思いますが、その時に、親が子供に必要以上のプレッシャーをかけてしまっては意味が無いと思うし、プレップもさせないほうがいいと思います。

入ってからが大変だ、という話をたくさん聞いているんで。

●補足です。

ここの学校は「テストスコア重視」「コミュニティーのためにがんばる」という方針があって、そこも合わなかった理由かと思います。

宿題も幼稚園なのに毎日出て、週末の宿題は、どちらかというと親がやらないといけない感じでした。
その宿題にも「点数」がついて、すごくプレッシャーを感じていた親もいました。
個人的にはどうでもいいじゃないか、と思っていましたが……。

言えることは、どんなところでも「子供に合う」のが大切ですよね。
学校しかり、先生しかり。

学校の話は悪夢の一つだったけれど、それがなかったら虹色のメンバーに会えなかったし、息子の「いやだ」判別がつけられるようになったので、それだけがもしかしたら良かった体験だったかもしれません。


彼女が購入した本はこちら




彼女の息子くんの幼稚園お受験のてんやわんや、どうして辞めたのかについては、ご自身のブログに詳しく書かれていらっしゃいますので、興味のある方はそちらもお読み下さい。


♪♪『虹いろ倶楽部』では、参加メンバーを常に募集しています♪♪
これからアメリカに、ニューヨークに来られる方、お母さん友だちをお捜しの方、どんな些細な事でも構いません。
一人で悩んでいないで、あなたの「悩み」をメンバー同士でシェアしましょう。

興味のある方はこちらまでメールをお送り下さい。
お待ちしております!




ブログランキングに参加しています。
クリック、お願いいたしますね。
にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

tag : ハーレム GTプログラム GTの学校 GTのテスト

2014-12-01(Mon)

ニューヨーク市幼稚園探しに関して、メンバーにアンケートを取りました。

classroom


自分の子供にいい教育、つまりはいい学校へ入れてあげたい、という気持ちは、どこに住んでいても考えることだと思います。

ここ、ニューヨーク市は、実はデイケア(託児所)から、それが始まります。
でも一般的には、いわゆる『幼稚園お受験』からがスタート、と言っても過言ではないと思います。
で、それが実は他の都市に比べて激しい場所なのでは? もしかして異常なのでは? と、住んでいて思います。

ニューヨークと言えば、全米で10本の指に入る有名私立学校(幼稚園から高校までの一環学校)が、アッパーイーストとウェストに集まっています。確か、その数、6校もあるとかないとか。
教育はもちろんしっかりしていますが、それと比例して学費の高いこと、高いこと。一年間で400万円はくだらないのではないでしょうか?

そんな学費の高いところには、一般市民は通わせられません。
その上、2008年に起きたリーマンショックのおかげで、私立に通わせていた方たちも学費の高さに辟易して、公立学校へ通わせる方針へ変更と変更となり、公立学校の差がより激しくなったと言われています。

実際にニューヨークに住んでいると、お金持ちの人たちが住んでいる地域や、治安の良い場所にある公立学校でも「良い」ところが多いし、反対に治安のよくないところの学校は「荒れている」様子です。

それは、親の教育に関する関心度の関係だと考えられています。
お金があればあるだけ、学校へ寄付されるので、ある地域では私立よりもいい施設で高い教育が受けられる場所もあるようです。

じゃあ、治安のいい場所に住めない(家賃の関係がありますからね)人たちは「良い教育」は受けられないの? 諦めるしかないの?

実は、ニューヨーク公立学校には「Gifted and Talented Program(GTプログラム)」というのがあります。

このプログラムは、いわゆる一般の子供より「頭がいい」子供たちを集めてカリキュラムを組んでいる学校です。詳しいことはDOEのサイトをお読みください。ちなみに2015年度の申し込みは終了しています。

実は虹色倶楽部のメンバーの中には、このGTプログラムの学校に通っていたことがある子供さんがいたり、今現在通っている子供さんもいらっしゃいます。

でもうちはお金が無いから私立は無理、公立だわ。
それに頭良くないからGTプログラムの学校に通わせるなんて無理だわ。
かといって地元の公立では不安が残るわ、という人もいると思います。

それ以外の選択として、施設、内容は私立並だけどかかる学費は公立並と言われているチャータースクールや、いっそのことおうちでやってしまう、ホームスクールというのがあります。

これまたメンバーの中に、チャータースクールに通わせている方、ホームスクールをやっている方がいらっしゃます。

今回は、そのメンバーにアンケートを出して、実際通わせてみて「大人がどう思ったのか」「子供がどう思ったのか」「どんな準備をしたのか」などを訊いています。

自分も振り返ってみると、かなり試行錯誤しています。
今現在も、これでいいのかな、と、心のどこかで思っている自分もいます。

でも一番大切なのは、その子供に合った学校をちゃんと選んであげること
それが実に難しいのですが。

これから7回ほどに分けてお伝えしていきたいと思います。

1)マンハッタンにあるGTの学校(キンダー)に1ヶ月だけ通わせていた、Aさんのお話
2)チャータースクールってどうなんですか? Bさんのお話
3)マンハッタンにあるGTのクラスがある学校に、キンダーから通わせている、Cさんのお話
4)始めからGTは考えず、地元の公立学校に通わせている、Dさんのお話。
5)ブルックリンにあるGTクラス(キンダー)から、マンハッタンのGT学校(1年生~)へ転校させた、Eさんのお話
6)引っ越しの都合で、マンハッタンにあるGTの学校を1年で辞めさぜえなかった、Fさんのお話
7)学校が見つからなくって、途中からホームスクールに替えた、Gさんのお話。

読んでみての感想や意見などなどは、ぜひ虹色倶楽部までご連絡ください。







♪♪『虹いろ倶楽部』では、参加メンバーを常に募集しています♪♪
これからアメリカに、ニューヨークに来られる方、お母さん友だちをお捜しの方、どんな些細な事でも構いません。
一人で悩んでいないで、あなたの「悩み」をメンバー同士でシェアしましょう。

興味のある方はこちらまでメールをお送り下さい。
お待ちしております!




ブログランキングに参加しています。
クリック、お願いいたしますね。
にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

tag : ニューヨーク 幼稚園お受験 テスト チャータースクール ホームスクール 公立学校 GTプログラム

2014-11-03(Mon)

母親同士の気の使いは、極力辞めましょう。どうして?

beau


知り合いとプレイデートをしたら、もっと疲れてしまった」という経験はありませんか?

幼児が一緒だと、人の子を叩いたり、泣きわめいたり、汚したり……そして親は謝ってばかり。

親がこれ以上ストレスを抱えていくと、子どもの前でどんどん負の空気が流れていきます。そればかりか、子育てにおける母親同士の気の使い合いは、子ども達を混乱させたり傷つけたりもします。

いったいどういう意味なんでしょうか?

他の親に気を使っている時に私達は、子ども達に対しては不誠実な行動を取りがちだからです。
 
(例1) 
自分の子どもが他の子とおもちゃを奪い合っています。

あなたは自分の子どもだけをとがめるかの様に「やめなさい、貸してあげたらいいでしょ? こっちに他のがあるじゃない」などと言いませんか?

それとも、向こうの子の母親が近くに居ても「ふたりとも、仲良く遊びなさい!」と、きちんと言ってますか?
 
(例2) 
他の子どもが「そのおもちゃ貸して!」と言って、あなたに手を伸ばしてきたました。
自分の子どもの玩具だけど、今は別の部屋で遊んでいるから大丈夫かな……。

この場合、相手の子の母親が近くにいても、その子どもにきちんと「ごめんね、これは私のおもちゃじゃないから、使ってもいいかどうか、あの子に聞いてくれる?」と言えますか? その時、まわりに誰もいなかったら言えますか?
 
こういった母親の不安定な行動は、子どもを混乱させ、不必要に傷つけます。


物事はその都度ゆっくりと、子ども達を中心に置いて対応しましょう



自分の言動は本当に子ども達のため?
それとも他の母親に気を使っているから?




ふと立ち止まって、自分に問いかけてみてください。
 
 
 



♪♪『虹いろ倶楽部』では、参加メンバーを常に募集しています♪♪
これからアメリカに、ニューヨークに来られる方、お母さん友だちをお捜しの方、どんな些細な事でも構いません。
一人で悩んでいないで、あなたの「悩み」をメンバー同士でシェアしましょう。

興味のある方はこちらまでメールをお送り下さい。
お待ちしております!




ブログランキングに参加しています。
クリック、お願いいたしますね。
にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : 育児サークル・ママサークル・子育てサークル
ジャンル : 育児

プロフィール

nijiclubnyc

Author:nijiclubnyc
 ニューヨークで「子育て」する、日本人お母さんプレイグループ『虹いろ倶楽部』のブログです。
 子どもたちが本来持ち備えている「自主性や自尊心」「生きる、できる喜び」「相手に対する思いやり」などを見守り、モンテッソーリの考え方をベースにして、気取らず、焦らず、プレイデートやイベント企画を定期的に行って、メンバー同士で一緒に楽しんでいます。
 ニューヨークでの育児生活は、いろいろとストレスがかかります。そんな中で『虹いろ倶楽部』が少しでも、親と子どもの心地よい育児(育自)の場所になれば良いな、と考えています。
 メンバーたちの子どもたちの成長や、親たちが考えたこと、悩んだことなどを、みんなでシェアしましょう!

カテゴリ
CALENDER
タグクラウド
お知らせ
Copyright © 2014 "Kosodate no kotsu ga wakaru? Play Group Nijiiro-Club Nisshi in New York" All Rights Reserved.
当サイトの記事全てにおいて、著作法に適応されたものとして掲載しております。よって、当サイト提供による記事、画像は全て、当サイトの掲載に及んで許可されたもの、及び、独自の著作物として権利を得たもの、またはフリー許可を得たものを掲載しています。
フリー画像等以外に慨する記事、画像の無断転写、コピー及び、無断掲載転写、メディア、著作登録、及び、個人ブログ等への当サイトの許可なき全ての行為に及んでの無断掲載は固く禁じております。
お役立ちサイト
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
人気記事
質問などは、こちらからどうぞ♪
 『虹いろ倶楽部』では、常に参加メンバーを募集しております。 これからNYに来られる方、お母さん友だちをお捜しの方、どんな些細な事でも構いません。一人で悩んでいないで、あなたの「悩み」をメンバー同士でシェアしましょう。  お気軽にお問い合わせ下さい♪ お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
グリムス
Maps
検索フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。